HOME > 歯を失った方

インプラント治療

環境を整え、長く持つインプラントを

インプラントとは、歯を欠損した場合に補う方法の一つで、顎の骨にチタン製の人工歯根を埋め込む方法です。
直接骨に打ち込んでいるため、しっかりと結合し、まるで自分の歯で咬んでいるような感覚が得られるのが最大のメリットです。

しかし、天然歯と同様に口腔環境やセルフケアが充分でない場合は、ぐらぐらしたり場合によっては脱落したりしてしまうこともあります。
当院では、こういった口腔内の環境整備を何よりも大切としており、治療効果を最大限長持ちさせることを目標としています。

入れ歯

当院での取り扱い入れ歯

レジン床義歯[保険] 歯ぐきにあたる「床」の部分がレジンでできた入れ歯。
構造上厚みが出てしまうため、口の中で異物感があったり、味覚を感じにくかったりします。
しかし、製作期間が短く、保険も適用されるため、比較的手軽につくれます。
マグネットデンチャー[自費] 丈夫な歯根が残っている場合に使用できる自費診療の部分入れ歯です。歯根側には磁性金属を埋め込み、入れ歯側には小型の磁石を取り付け、強力な磁力で固定します。
固定するためのバネがないため、見た目がよく、ずれたり外れたりしにくいことが特長です。
コーヌスクローネデンチャー[自費] 残っている歯根に内冠を取り付け、それにぴったり合う外冠を付けた入れ歯を被せる自費診療の部分入れ歯です。
この固定方式は茶筒の蓋と同じ原理。
固定するためのバネがないため見た目がよく、ずれたり外れたりしにくいことが特長です。
金属床義歯 [自費] 歯ぐきにあたる部分「床」が金属製の入れ歯。
強度があり、薄くつくれるため、お口の中での異物感が少なくなっています。
また、熱伝導率が高いため、違和感が少なく食べものの味を楽しめます。

診療項目

  • 予防歯科
  • 一般歯科
  • 根幹治療
  • 歯周病治療
  • 小児歯科
  • 審美歯科
  • インプラント治療
  • 入れ歯
  • 矯正歯科